HOME > 保険一覧 > 法人のお客様

経営者や役員には2つの「責任」があります

事業を円滑に承継する責任 ご家族や生活を守る責任
  • 安定した経営
  • 対外的な信用の維持
  • 後継者育成と自社株対策
  • 退職金準備
  • ご家族やご自身の生活保障
  • 老後資金の準備
  • 相続対策
  • 後継者への事業保障

これら2つの責任を果たすために4つの「資金準備」が必要となります。

4つの資金準備


4つの「資金準備」には、生命保険が最適です。
預貯金でも準備可能ですが、生命保険をご利用になれば「必要保障額」はご契約成立の時点から準備できます。また、貯蓄性のある商品を利用して、保障と同時に生存退職金の財源を確保することも可能です。

事業保障対策資金

経営者に万一のことがあった場合、社員や金融機関・取引先に不安を与えることのないよう、貴社の社会的信用の裏付け資金として、事業保障対策資金が必要です。

死亡退職金・弔慰金対策資金

経営者に万一があった場合、死亡退職金・弔慰金はご遺族の生活を守るだけでなく、相続税納付資金や相続財産分割財源にも充てることができます。

生存退職慰労金(老後生活費)対策

経済の好不況・業績に左右されず退職金を支払うには、計画的な財源の積立が必要です。
豊かでゆとりあるセカンドライフをおくるためにも今から準備が必要です

事業承継・相続対策資金

事業承継・相続対策資金は経営者に万一の場合があった時に、ご遺族にかかる相続税や遺産分割の対策として役立ちます。
また後継者が相続税を支払う為に、自社株・不動産等の財産を処分することのないよう流動資金の準備が必要です。

PAGE TOP ↑